RIZIN 2017 12/31@さいたまスーパーアリーナ

12/29に続き、
大晦日12/31もRIZINにも行ってきました。

29日と同じく15:00から開始だったので、
今回も14時過ぎについて
格闘技EXPOも少し観る。

大晦日は
1試合目から堀口戦だったり大事な試合ばかりなので、
遅刻するわけには行かないからね…。

EXPOの雰囲気。

b0024832_13022835.jpg
b0024832_13025948.jpg
b0024832_13031498.jpg



最近自分の中で話題の
セクシー過ぎる集団
シュートボクシングラウンドガール
がリングに勢揃いしていたので、
パシャパシャ写真を撮りまくる(笑)

あらためて凄いセクシー衣装だわw

スタイルも良すぎる。
b0024832_13034438.jpg
b0024832_13041489.jpg
b0024832_13044373.jpg



EXPOウロウロしていたら、
ヴァンダレイ・シウバを発見!

おーー、シウバが普通にその辺歩いてる!

b0024832_13051305.jpg


15時間際になってしまったので、急いで席につく。

12/29,31の通し券なので、
29日と同じ席。
迷うこと無く席へ着く。

2日前のデジャブらしき心境に浸るw

少し経って
OPセレモニーの開始開始。

b0024832_13054479.jpg
b0024832_13061484.jpg
高田本部長の登場!
良い感じで鍛えられている肉体美。

ふんどし一丁で
太鼓を叩く高田さんを観にきたのだ!

b0024832_13075170.jpg
b0024832_13082124.jpg


つわもの達よ
出てこいや−!

b0024832_13085125.jpg




選手が入場している間も
太鼓をたたきまくる高田さん。

b0024832_13092051.jpg








那須川天心選手は
トリケラトプス拳ポーズでパシャリ。

b0024832_13095478.jpg





RENA選手。

b0024832_13102936.jpg






真珠ちゃん

b0024832_13110087.jpg





世界のTKこと
高阪剛選手。
b0024832_13112911.jpg






真珠ちゃん越しの
ミルコ・クロコップ選手。
b0024832_13115873.jpg





はじまりました。
大晦日のRIZIN。

ということで、
各試合の簡単な印象を。












第1試合 RIZINトーナメントルール RIZINバンタム級トーナメント準決勝第1試合 61.0kg契約 5分3R
マネル・ケイプ
(アンゴラ)
一本 3R 4分27秒
※肩固め
堀口恭司
(アメリカン・トップチーム/元第9代修斗世界フェザー級王者)

初っ端から今大会で1番気になる試合。

29日のマネルケイプの試合を観ると、
勢いがありすぎるケイプ選手なので、
堀口も大丈夫なのか?番狂わせあるんじゃないか?
とドキドキしてしまう試合。

試合がはじまってみると、
終始打撃で堀口選手が優勢なのだが、
マネルケイプもどんなに殴られても向かってくる。

あれ?ケイプって普通に強い選手じゃん!

b0024832_13122896.jpg
もっと荒削りのファイターで
1R終わったらバテバテのタイプなのかと思ったら、
スタミナ切れること無く気持ちも強く
ガンガン向かってくるスタイル。

両者選手越しの
おのののかのリアクションが可愛かったのを覚えているw

b0024832_13125988.jpg
途中、ケイプのバッティングで堀口の膝が折れる瞬間もあって
ヒヤヒヤしたのだが、レフェリーのナイスジャッジでブレイク休憩。

準決勝は体力温存して倒すのが望ましかったのだが、
バッティングのダメージも心配。

最後はキレイに肩固めで1本。

昔は打撃だけのファイターというイメージだったのだが、
やっぱりこのレベルのファイターはグラウンドもきちんとできるのだね。












第2試合 RIZINトーナメントルール RIZINバンタム級トーナメント準決勝第2試合 61.0kg契約 5分3R
大塚隆史
(T-grip Tokyo/DEEPバンタム級王者)
判定3-0 石渡伸太郎
(CAVE/パンクラス・バンタム級王者)

正直、大塚選手は地味だし
石渡選手に勝ってもらって
決勝は堀口VS石渡を期待しながら観ていた。

3年前にもこの対戦カードで石渡は勝っているし、
そこから絶対王者として王様の地位にいる石渡には
大塚は勝てないだろうなぁ。と思ったら、
大塚強かった。

テイクダウンを交えた打撃が
有利に働いて、あれ?もしかしたら大塚勝つ?
と、ヒヤヒヤ(失礼)。

3Rのラストに石渡がダウンを奪って
サッカーボールキックだったり打撃ラッシュで、
石渡選手の判定勝ち。

どっちも強かった。

大塚、スタミナあるし、
地味だけどもやはり強い選手なんだなぁ。
と改めて思いました。












第3試合 RIZINキックボクシング・トーナメントルール RIZIN KICKワンナイトトーナメント1回戦 57.0kg契約 3分3R延長1R
那須川天心
(TARGET/ISKAオリエンタルルール世界バンタム級&RISE同級王者)
KO 2R 1分58秒
※飛びヒザ蹴り
浜本“キャット”雄大
(クロスポイント大泉/REBELS/ILFJ認定ラウェイ王者)
やったー、天心戦が生で観られる!

個人的に今もっとも観たい選手が天心選手なので、
世界超一流のキック試合を生で観れるのに感激。

b0024832_13143646.jpg
b0024832_13160020.jpg
那須川天心の自伝も買って詠んだし
天心ファンでもあるので、応援しました。



この天心自伝本を読んでから、
試合を観戦すると、また別の角度から観ることもできるし、
オススメです。

結果としては、
天心選手の圧勝。
特に最後の真空飛び膝蹴りばりの
派手な飛び膝でキレイに一本!

キックの天心、鬼だわ。













第4試合 RIZINキックボクシング・トーナメントルール RIZIN KICKワンナイトトーナメント1回戦 57.0kg契約 3分3R延長1R
砂辺光久
(reversal Gym OKINAWA CROSS×LINE)
KO 3R 50秒 
※左フック
藤田大和
(リバーサルジム新宿Me,We)
パンクラスの砂辺がキックデビュー。

ルールに縛られて
組んでなんども攻撃しては
レフェリーに説教されてって感じで
砂辺は戦いにくそうだった…。

藤田はやっぱりパンチは上手だね。
エグいパンチ何度も入れていたし。














第5試合 RIZIN女子MMAトーナメントルール 女子スーパーアトム級(49.0kg以下)トーナメント準決勝 5分3R
RENA
(シーザージム/シュートボクシング世界女子フライ級王者)
TKO 1R 4分39秒 
※右フック→レフェリーストップ
アイリーン・リベラ
(スペイン/CERDANYOLA FIGHT CLUB)
RENAは大好きな
SBラウンドガールを連れての入場。

b0024832_13171676.jpg
b0024832_13182624.jpg
b0024832_13192548.jpg
ただ、「絶対負けない〜♪」の前の
千本桜は正直必要だったのか?
注目選手になると色んなところからこの曲使って欲しいとか、
この衣装着て欲しいとか要望があるのだろうけども、
あの演出はいらなかったような気がする…。

入場を終えてのRENA with SBラウンドガール
b0024832_13221935.jpg
アイリーンリベラの
引き込みに付き合わないで、
打撃で攻めたRENAの勝利。

三日月蹴りが上手だねRENA。












第6試合 RIZIN女子MMAトーナメントルール 女子スーパーアトム級(49.0kg以下)トーナメント準決勝 5分3R
浅倉カンナ
(パラエストラ松戸)
一本 2R 3分40秒
※腕ひしぎ十字固め
マリア・オリベイラ
(ブラジル/PARANA VALE TUDO)
カンナさんの低い
レスリング仕込みのタックルが上手い!

オリベイラも
女版のアンデウソン・シウバとも呼ばれているだけあって
打撃が上手なのだが、この選手にたいしての
タックルは効果的。

そして、倒してからも肩固めで攻めたり
パウンドも上手だし、コントロールが上手過ぎる。

最後は腕十字で一本。
決勝戦は日本人対決楽しみ!











第7試合 RIZIN MMA特別ルール 72.0㎏契約 5分3R
五味隆典
(東林間ラスカルジム)
一本 1R 2分36秒
※三角絞め
矢地祐介
(KRAZY BEE)
UFCでも五味選手の試合は全て観ていたのだが、
ここ最近の五味選手の負けっぷりには正直ガッカリしていました。

勝つ、負ける、どころか
UFCで子供扱いされて、こんなUFCの試合も珍しい!
というくらいコテンパにされて、
もぅ五味選手の試合は正直みたくも無かったし、
RIZINに上がる資格もない選手。と思っていました。

矢地選手はRIZINで絶好調だし、
五味さんと戦うのではなく、もっとレベルの高い選手と戦って欲しい!
と思っていたのだが、矢地選手がtwitterで五味さんに対戦表明したのだが、
それはしょうがない。

ということで
世間で期待されているよりは僕は冷静だったし、
それほど期待もしていなかったが、
それも一転。

五味選手の
THE MAD CAPSULE MARKETS の SCARY
が流れるとやっぱりテンション上がりまくります。

うおぉぉぉーー!!

五味ー!いってまえー!!

と応援しました(笑)

試合開始直後に矢地選手のジャンプキックが顔に入って、
強烈に膝の嵐に、これは五味がなにもできずに負けるパターンだ!
と思った直後、ブンブン振り回すフックが矢地を捉えてピヨピヨ。

フックがテンプルに入った直後、
ボディ連打で追い詰めていったが、
これが、頭に何発が入れていたらKOすることできたのに。

また、ガードの真ん中から、
パウンドで応戦していたが、これは、
PRIDE時代の石田戦を彷彿させるようなパウンド。
当時はここからKOしたしこの記憶があったのだろう。

下から、ヤッチくんはずっと三角狙っているのに
構わずに間に入ってパウンドばかり狙うものだから
三角一本で負けてしまうのよね。

レスリング使って
サイドをとったり裏返しなどすることできたら、
五味勝っていたのに…。

なども、
気づいたら、五味選手を応援している自分がいた。

短い試合時間だったが、
めちゃくちゃ熱くなる試合でした。

こうなったら五味!
勝つまで戦い続けろ!
会場が爆発するから。






ここからは、
生放送との時間調整のため、
休憩時間。

この休憩時間がなかなか長い…。

1時間近くあったんじゃないかな。

ぼくはケンタッキー買って
むしゃむしゃ食べていました。

終わると地上波LIVEでの解説席。

高田さんの
真顔から、

b0024832_13225336.jpg




出てこいやぁー!

b0024832_13232767.jpg








第8試合 RIZIN女子MMAルール 57.0kg契約 5分3R ※ヒジあり
真珠・野沢オークライヤー
(アメリカ/EI Nino Training Center)
一本 1R 4分47秒
※腕ひしぎ十字固め
チェルシー・ラグラース
(アメリカ/Lancaster Academy of Mixed Martial Arts)

真珠選手は大好きな選手の1人。

野沢直子の娘だから
RIZINに出られるのかよ!
と当初思ってもいたけども、
色物でもなく立派なプロフェッショナルファイター。

前回のRIZINに出場した時も、
きちんとKOで勝っているし、
ギルバート・メレンデスのジムで真剣に練習もしているし、
何よりガンガン攻めていて起きない面白いファイター。

b0024832_13240538.jpg
そして入場でも
ノリノリで楽しそうにリングインするのが魅力的。

b0024832_13245764.jpg


前回Tシャツ売っている時に
近くで観たのだけども、
身長高くて笑顔が素敵で
モデルさんみたいでした。

b0024832_13253383.jpg


相手のラグラースは寝技が上手で、
引き込んでの三角絞め完璧に入っていてギリギリの真珠だった。

この対戦カード結構体重差があって、
ラグラースの方が体重結構軽いのよね。
体重が同じくらいだったらこれは一本になっていた場面。

三角返してからは真珠の打撃と、
スピニングチョークからの腕十字。

最後の腕十字は折る気で腕を極めていて
かなりエグい十字でした。

ヒヤヒヤした一戦だったけども、
ちゃんと見せ場も作ってくれて、
一本勝ちした真珠選手。

翌日の会見では、
真珠は練習時に腕の靭帯を伸ばして切れ掛かっており、
アメリカに戻って手術をしなければならないことを言ってました。

ドクターストップもかかっていたが、
別のドクターに相談したら、今回だけ出て良いということで、
そちらを信じて関係者には秘密にして試合出場。

いやぁ、プロ魂ありますわ。真珠。

どこかのギャビなんとかとは違います!

ということで、手術もあるので
2018年は後半までは真珠選手の活躍は観れないが、
復活した時また応援しましょう!

b0024832_14282783.jpg





第9試合 ヘビー級(120.0kg以下) RIZIN公式ルール 1R10分/2R5分
ミルコ・クロコップ
(クロアチア)
TKO 1R 1分02秒
※パウンド→レフェリーストップ
高阪 剛
(ALLIANCE)
世界のTK VS ミルコ戦

ミルコ強いしTKでは無理なのだろうが、
ジェームストンプトン戦みたいに、
新生TKが見れると思うと、もしかしたらがあるかも。と思ってしまいました。

試合序盤からTKの打撃で攻めていたのだが、
1パンチミスが原因で、ミルコのショートフック。
TKダメージ。

パウンドの雨あられ。

正直、レフェリー何考えてるんだ?殺す気なのか?
というくらい、ストップ書けるのが遅すぎ。

TK大丈夫なんだろうか。。
寿命縮まっていなければ良いけども。。









第10試合 RIZINキックボクシング・トーナメントルール RIZIN KICKワンナイトトーナメント決勝戦 57.0kg契約 3分3R延長1R
那須川天心
(TARGET/ISKAオリエンタルルール世界バンタム級&RISE同級王者)
KO 1R 1分27秒
※3ノックダウン
藤田大和
(リバーサルジム新宿Me,We)
キックトーナメントの決勝戦。

予想通り天心の圧勝。

なにか、前回のRIZINで藤田選手が健闘をしたからということで、
藤田選手を持ち上げ過ぎなような気がするメディア。

あれはあくまでもMIXルールでの試合で検討しただけであって、
キックルールならば試合通り天心の圧勝は間違いないよね。

b0024832_14291456.jpg
b0024832_14294496.jpg
優勝おめでとう。
そしてその後のマイクが1番テンションあがりました。









第11試合 RIZIN女子MMAトーナメントルール 女子スーパーアトム級(49.0kg以下)トーナメント決勝戦 5分3R
RENA
(シーザージム/シュートボクシング世界女子フライ級王者)
一本 1R 4分34秒
※チョークスリーパー
浅倉カンナ
(パラエストラ松戸)

地上波生放送ということが原因なのか、
SBラウンドガールはRENAと一緒に入場せず
なんか物足りなさもある。。

b0024832_14301483.jpg

ぼくの優勝候補は朝倉カンナ選手だったので、
予想が当たって嬉しくも有りビックリでもあり、
切なさも残る試合でした。

見ごたえのある一戦。

選手の控室での様子中継でも、
RENAはタックルに膝をあわせる動くばかりしていて、
そこからタックル来たらヒザカウンターするよ!という、メッセージでもあった。

試合はじまっても
RENAはスイッチしながら何度も
右のヒザを見せるようなフェイント入れて
片足タックル切るRENA。

カンナ選手は最後両足タックルを切られても
更に深いタックルでバックをとってチョークスリーパーで一本。お見事。

RENAもタップしないで
落とされてしまっのはあっぱれ。
最後まで諦めない姿に感動しました。

b0024832_14330222.jpg


朝倉カンナ王者!おめでとう!!









第12試合 RIZINトーナメントルール RIZINバンタム級トーナメント決勝戦 61.0kg契約 5分3R
堀口恭司
(アメリカン・トップチーム/元第9代修斗世界フェザー級王者)
KO 2R 14秒
※右フック
石渡伸太郎
(CAVE/パンクラス・バンタム級王者)

大晦日2017年
メインイベント。

b0024832_14302835.jpg

4年前の VTJ
堀口 VS 石渡
がめちゃめちゃ面白い激闘で堀口が勝利したので、
4年越しのリベンジマッチ。

堀口の長い距離の間合いと
出入りの速さ、当て勘は反則的なほど(笑)

1R終了間際の堀口のパウンドラッシュで
リングから落ちそうになりながらも
石渡が立ち上がってきたのはさすが!

あれで普通決まってしまうのだが、
石渡の気持ちの強さが凄い!

2Rでは石渡が攻めてリスクを犯したことで
堀口のカウンターが入って堀口勝利。

b0024832_14310683.jpg
b0024832_14313682.jpg

堀口強いのはもちろんなんだけど、
ダメージある石渡はあそこでリスクを犯したことは
さすがプロファイターだし気持ちの強さを感じた。

RIZIN初代バンタム級王者。
堀口恭司。
おめでとう!

ただ、早くも堀口には
対戦相手が居なくなっているのも事実。

堀口よりも強豪と言われている
選手はUFC合わせても 2人くらいしか居ないので、
これから誰との試合を楽しみにすれば良いことやら。

UFCからRIZINに堀口が移籍したのは嬉しいことなのだが、
デメトリアス・ジョンソンとのリベンジ・マッチが遠ざかってしまったのも事実。

どうにかしてDJとの再戦を観たいけども、
RIZINにいる限りは実現しないだろうし、
もどかしさもある…。

天心とのキックマッチなんて観たくもないし、
強いて言えばクロン・グレイシーくらいかなぁ。。




ということで、
2017年のRIZINも
バキの紙コップで会場で
乾杯をして終了。

面白いイベントでした\(^o^)/

b0024832_14331480.jpg







↓↓↓ブログランキングに参加しましたのでポチっていただけると喜びます\(^o^)/↓↓↓


人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by akkikkikki | 2017-12-31 23:55 | 格闘技 | Comments(0)