マレーシア旅行(3) 2日目 バトゥー洞窟でお猿さんと戯れる


↑の続き。

2日目はまず1日目に行く予定だった
バトゥー洞窟へ。

ホテル最寄りの駅、
ラジャチュランは少し見慣れた感じ。
ここから一日が始まる。


b0024832_22251283.jpg
モノレールは
10分おきずつくらいにすぐ来るのだが、
車両が2両しかないので、結構混んでる。
日や時間によってはぎゅうぎゅうの満員電車(汗)


まずは拠点になる
KLセントラルまで行ってーの。


b0024832_22325952.jpg


KLセントラルからは
比較的長距離北に伸びている
KTMコミューターに乗り換える。

KTMコミューターのA線、B線があるのだが、
A線の終点が今回の目的地バトゥーケイブ駅。

なのに、間違ってB線に乗ってしまって、
隣の駅、クアラルンプールで降りる。。
気づかなかったら全然違う方面へ行ってしまっていたので気づいて良かった…。

クアラルンプール駅は結構雰囲気あって素敵。

b0024832_22360286.jpg
b0024832_22364028.jpg


無事にA線に乗って
40分ほどで終点バトゥーケイブ駅で降りる。

KTMコミューター線は
6両車両なのだが、そのうち2車両は
女性専用車両で多分終日男性は乗ったらダメな車両。

イスラムの肌を隠した女性たちばかり乗っている
女性専用車両なので、男性は乗らないように。。
間違って乗るところだったし…。



バトゥーケイブは駅を降りてすぐ
目の前に現れるのが野生のお猿さん。

普通に道端にたくさん猿がいて、
人間と猿が同居する場所。

b0024832_22384375.jpg
b0024832_22405513.jpg
b0024832_22430153.jpg

近くで猿のエサを買うことができるので、
エサを買って猿に手渡しで上げる。

すごい近くで猿と戯れることができるのだが、
猿が可愛すぎてここで30分くらい時間費やしてしまったや…。

b0024832_22522850.jpg
エサを与える時に
猿の手を握ったらめっちゃ猿に怒られたので、
手は握らないこと^^;



あと、駅から出て目の前では、
色んな銅像やモニュメントが。

b0024832_22442671.jpg
b0024832_22450111.jpg
b0024832_22460815.jpg
b0024832_22472550.jpg
b0024832_22480191.jpg



ここバトゥー洞窟は
ヒンズー教の聖地で洞窟が広がっている。

洞窟の中にも銅像やら
なにを表しているのかわからない、
モニュメントがたくさん。

寺院なのかな。

b0024832_22483077.jpg
b0024832_22490043.jpg
b0024832_22494605.jpg
b0024832_22501691.jpg
b0024832_22512172.jpg

岩畳の階段を登って登って
まさかの行き止まり。
どこかに通じているのかな。と思ったら、
行き止まりでUターンで戻ってきました。

写真じゃわかりにくいが
洞窟は凄い広かったです。

b0024832_22515143.jpg





洞窟を出て、
逆側に歩いていくと、
出店が出ていておかしや、
ヤシの実ジュースが売られている。

ヤシの実の山が凄い!

b0024832_22545200.jpg





標識。
見ても全然わからない…。

b0024832_22564182.jpg





山方面には
すごい大きな銅像?大仏?がそびえ立っている。

その横には
272段の階段が。

b0024832_22575135.jpg

大仏も階段も
スケールが大きい!

b0024832_22582707.jpg



まぁ、ぼくは前の日歩きすぎて
披露を引きずっていたので、2日目は省エネモードだったのと、
雨が振り始めてきたので、階段は登らずに大仏を見ながらジュース飲んで小休止。

友人は階段登っていきました^^

b0024832_22591574.jpg

ヒンズー教の聖地面白かったのだけど
一番楽しかったのは猿と戯れたこと。

昼過ぎまで何も食べていないので
この辺でなにか食べようかウロウロしたが、
この近くも手で食べるディープなお店しかなかったので、
都心のクアラルンプールへ戻ることに。

ちなみにここの駅に折りたたみ傘を忘れてしまった(TT)

つづくー。









↓↓↓ブログランキングに参加しましたのでポチっていただけると喜びます\(^o^)/↓↓↓


人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by akkikkikki | 2017-11-04 23:26 | お出かけ | Comments(0)