映画 We Are X。映画館の良い音響で X の曲が聴けるだけで幸せ。

3月4日。
X Japan のドキュメンタリー映画
We Are X を観てきました。

b0024832_01395629.jpg

川崎のTOHOシネマズで
公開日の翌日に観たのだが
これがかなり良かった。

まぁ、僕は青春時代はXと共に過ごして、
Xのギターのコピーして音合わせしたりもしたっけなぁ。

hideギター使って
hideパートを完コピしてみたりもしたので、
X は青春の1ページそのものでした。

去年、一昨年と
ビジュアルサミットやルナフェスで
Xのライブには参加してみたし、
Toshlの洗脳の本も読みX熱が再燃中。

そこにWe Are X の映画が
ドーンと心に響く内容になっていてかなり良かったです。

特に
TAIJI , HIDE に対しての気持ちや
お墓の前での何気ない会話とか
語られていないこともあったかも。

それに、
特に嬉しかったのは
横須賀サーベルタイガー時代のhideのライブ映像。

貴重映像でした。

終始Xの曲が流れていて、
長い曲は上手にダイジェスト化されているので、
昔の曲から今の曲まで映画館の大音量で聴けるだけでもファンとしては嬉しい内容でした。

制作はハリウッドなので、
アメリカから見た日本という意味合いも含めて作られている。
YOSHIKIと周りの人の死が主題になっているところも多いので、
全体的に暗い内容にはなっているが、堆肥として圧巻のライブパフォーマンスが
引き立って見えるのがカリスマ性を煽っていて良かった。

サントラも
UKロックチャートで1位を獲得するなど
かなり売れているみたい。



自分的ベスト5を1年前に書いた記事も
よかったら読んでみて下さい。

最近は
VANISHING LOVE
I'LL KILL YOU
などの昔の曲にハマり中(笑)

何も考えずにもう一度観たくなってきた
We Are X。なのでした。

b0024832_01395475.jpg


by akkikkikki | 2017-03-08 01:39 | 映画 | Comments(0)