最初のPSVRソフト。rez infiniteの映像と音の粒子に謎の感動!

念願のPSVRが当たったので、
家でセットアップ。

b0024832_22413001.jpg

PS4とテレビ(うちはアンプ)の間に
PSVRをHDMIで入れるのだから、
少しは面倒だけど、思ったよりもサクッとセットアップができた。

PSVRとPS4はUSBでも接続するのが意外でした。

あとはカメラを良さ気な位置にセットアップ。

最初に買ったソフトは、
rez infinite。


このために PS Plus に加入して、
40%OFFセールでRezを購入したのです。

RezはPS2の時代にも
ハマッたゲーム。

シューティングとテクノベースの音ゲーとVJのような
近未来グラフィックのセンスが良すぎて、
楽しみにVRモードでプレイしてみたのだが。



没入感が半端ない!!!!!!!!



電脳空間を駆け巡るような体験は、
何事にも変えられない病みつきな感覚になるのです。

普通のarea1からプレイしたのだが、
懐かしさの中に実際にその中にいる感じが心地よくて、
全く違う新しい感動を味わえました。

area4で何度も死んで、
新しいステージのarea Xにたどり着くこともできずに…。

でも、ボーッとarea 4 とビートを刻みながらプレイするだけで、楽しいのさ。

3回目もarea 4で死んでしまった…。

あー、、、残念。。

と思ったら
なぜだか area X がアンロックしているではないか。

どうやらプレイ1時間でarea Xはアンロックするみたいで、
どうしようか迷った末area Xをプレイしてみました。


image
従来のarea1-4までとはもはや違うゲームでもあり、
首の傾ける方向に360度移動することができる。

限りなくリアルな電脳空間の中にいる感覚!



もぅ言葉の語彙が足りなく、
この感動を伝える表現力も無いのだが、
実際にプレイしてみて、ここ数年で最も衝撃的な体験をしました。

なんか書いていて大げさすぎて恥ずかしくなるのだが、
本当に電脳空間の中にいるのですよ。

area X は恐らく15-20分でクリアできるし、
難易度も低めで初プレイでクリアすることができたのだが、
この15-20分のためにRezを買っても無駄ではない!!

ラストシーンは
何に感動しているのかわからないが、
実際にキレイな粒子の中に溶け込んで、
感動的な音楽を聴いて涙ぐんでしまいました(笑)

ストーリーで感動して涙が出ることはあっても、
視覚と聴覚が幸せで涙ぐむことは滅多に無いよね^^

PSVRのローンチソフトで
このクオリティのものを出してしまったのは物凄い!

このソフトは
「百聞は一見にしかず」
の代名詞になりうるゲーム。

どう言葉で説明しても、
プレイするまでは共感しにくいだろう…。

プレイ動画を観ても
実体験時の感動は伝わらないと思うのだが、
このVRでプレイした後の皆のキラキラした顔^^





実際にやった後はものすごくわかります^^

ものすごい感動でゲームを終えた途端に、
自分の場合はどーんと疲労感が襲ってきます(笑)

視覚と聴覚へ投げかけられる情報量が多すぎて、
CPUの脳はオーバーヒート気味になるのです。

いや、僕だけかもしれませんが、
実際にこのゲームをやると体が暑くなって汗ばむのさ。

なので、暖房を止めて
上着を脱いでプレイしています(笑)



実際、このゲームは何度もやるようなゲームでは無いのだが、
数回の体験と割り切って買っても全く後悔は無いです。

最先端なテーマパークで体験するようなことが、
家庭で気軽にできるようになったかぁ。

PSVR最初のソフトとして、
ものすごく価値のある、固定観念をぶち壊してくれる
衝撃的なrez infiniteでした。

by akkikkikki | 2017-03-04 22:41 | ゲーム | Comments(0)