【本】ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!

昔から堀江氏(@takapon_jp)が読むべき漫画の第一位にあげている「闇金ウシジマくん」。
僕も1巻からウシジマくんの漫画を読み続けており、連載も今は最終章に入ってきて完結を迎えそうな雰囲気。当時、アングラなこの漫画がここまでフィーバーするとは思っていなかった。

タイトルのようにウシジマくんと堀江さんが戦うわけじゃないのだが、一言で言うとこの1巻のウシジマくんのこの台詞が大きなキーワード。

「世の中は奪い合いだ。奪るか奪られるかなら、俺は奪る方を選ぶ!」

漫画ウシジマくんの名シーンや名セリフに、ホリエモン自身のエピソードと解説が交互に入るような形式の本なのだが、大体は今までの堀江本を読んでいると知っているものばかり。
だが、ウシジマくんでサラリと流して読んでいた、フトした台詞の重みに新たに気付く発見が多かった。

挿絵のように漫画のシーンも入っているので、サクサクとテンポよく読めるのが良かった。

内容としては特に第五章の「カネや仲間に振り回されずに活きる」が面白かった。
ホリエモンが関東連合元リーダーに襲われそうになったエピソード、ヤクザについてのポリシー、宇宙事業で56億円騙し取られ訴訟したことについて。ウシジマくんの中でも出てきても良いくらいの危険な香りのするエピソードが面白かった。

本書を読み終わった後に、またウシジマくんが読みたくなった。

by akkikkikki | 2016-10-05 21:02 | | Comments(0)