カオスチャイルド トゥルーをクリアしたので各ルートの感想。

発売日の6/25に科学アドベンチャーの第4弾
「カオスチャイルド」PS4版を買って、
やっとこトゥルーエンドまでクリアしたので、感想を書いてみます。

ネタバレがんがんで書いていくので、
まだプレイしていない人は見ないように。

ホント、ネタバレしたら
面白さ半減なので、絶対に見ないでね。
ってか見るな!


CHAOS;CHILD
CHAOS;CHILD
posted with amazlet at 15.07.15
5pb (2015-06-25)
売り上げランキング: 197


CHAOS;CHILD
CHAOS;CHILD
posted with amazlet at 15.07.15
5pb (2015-06-25)
売り上げランキング: 324







b0024832_19544791.jpg

ちなみに僕はこのシリーズ
「シュタインズゲート」->「ロボティクス・ノーツ」->「カオスヘッドノア」
の順番にプレイしました。

カオへと繋がっているっていうから、
カオチャの前にカオへやらなきゃな。って思って。

ってな事で
それぞれのルート別の感想。




- 1週目 Over The End

体験版がリリースされた時に1章は2回もプレイしたので、
最初本編やった時は3回目の1章。

1章は先のことが全然わからない状態だったけども、
こっちみんな、音漏れたん、回転DEADと、不可思議な殺人が
6年前のニュージェネレーションの狂気と同じ日に起きて、
結構音的に黒い死に方死にまくってるので、その犯人がラスボスなのかと思っていた。

あの時はそんなありきたりな展開を考えていた。

1章のラストで
あみぃちゃんとなんとかって人(名前忘れた)のチャットが表示されるのだが、
まさか自演自作でやりとりしていたなんて。

ニコニヤの渡部さんが学祭で
力士シール吐きまくって死んだ。
こんなの学校で起きたらやべって…。

1章では怪しいキャラ1位が
「あなた殺されますよ。宮代先輩」の雛絵ちゃんだったが、
4章くらいでは、うきちゃんが最も怪しい。
いや、うきちゃんと一緒にいたじじぃが怪しい。

5章以降についに少しずつ
「能力者」とか「ギガロマニアックス」とか「ディソード」がキーワードになった時、

カオへの時もそうだけども、
妄想が具現化する度に僕の中の科学ADV指数(今決めた)は
下がる傾向になるのですよね。

科学よりもファンタジーが強くなるのが苦手なのです。

剣を敵をバタバタを切りつける!
みたいなのが嫌いなんだな。
現実離れしすぎてて感情がついていけない。。

南原泉理と思われるアイツ(名前忘れた)が
火炎攻撃をしてくる辺りから更にテンション下がり気味…。
こいつがかなり今回の一連の事件についての重要キャラってのは分かるけども、
これがラスボスだったらどうしよ。。

乃々以外の新聞部の人たちは、
この火炎女がラスボス言ってるし。
乃々だけは南沢泉理が絶対に火炎女じゃない!ってこと知ってるけどw

そして火炎女も謎の串刺し自殺な死で
めでたしめでたし。

となってからが、
このくそったれなゲームの始まりと言っても過言ではないっ!

個人的には伊藤くんだけは信じていたのに、

まぁ、伊藤くんも操られていただけなんだけども、あの殺し方は酷すぎる。
本作一番に絶句した瞬間でした。

しかも、限定版の特典は
この箱詰めした箱。カオチャくれいじー。

伊藤くんのここのシーンでの何を言っているのかわからない
壊れっぷりがお気に入りw

しかも黒幕は委員会の下っ端の父さん。

あの育ててくれた優しい父さんが、
黒幕ってことがショックだけども、
委員会の下っ端ってのにもショックw

結衣ちゃんがあまりにも浮かばれない。
このゲームで最後まで報われないのは結衣ちゃんだし、
インパクト与えるための非実在青少女ってやり過ぎ感は感じられた。

けども、このショッキングな出来事が
一気に感情移入させられました。

宮代とは別に事件を操作していた乃々さんが、
一番の情強なのか、尾上世梨架まで辿り着く。

宮代がボリュームMAXにして、
「こっちみんな」動画を何度も見るシーンは、
最後までどうして尾上が犯人なのかわからなかった僕は相当の情弱です^^

よく考えれば宮代の6年前のストレスパワーマックスで
人間をリアルブートしてしまう。っていうのは、
さすがにファンタジー過ぎてポカーン。なところなんだけど、
ここまでストーリーに気持ちが持って行かれているので、
すんなり受け入れられるのだよね。

僕の妄想力も加速するっ!!

父さんとの一騎打ちなんだけど、
このヒカリヲの劇場の階ってこないだまたまた行ったところだったから、
ここで戦ってくれて良かったw

妄想攻撃、ギガロマニアックスの応酬の末、
見事ディソードでズバーン!とやっつけるんだけど、
その後の世梨架のディソードに触れて世梨架の今までの企みを知り、
スーパー罪悪感に襲われる宮代。

この辺りのストーリーや各々の気持ちは少し複雑なので、
もう一度やりたい気分。

償いも込めて世梨架は記憶を消して普通の女の子に、宮代は自首。
なのだけど、宮代はリアルブートで世梨架を作ったお父さんみたいなもんなんだよ。
どういうことなんだろ。幼少期は実在しない女の子が普通の女の子として生活できるのかな。

宮代目線で見てしまうので、
なかなか後味が悪くこれでよいのか?ハッピーなのか?
と、思いながら1周目終了。





- 来栖乃々編 Real Sky End

個々のルートの中では一番面白かった乃々編。

世梨架に殺されていなくて
生きている乃々。

世梨架は相変わらず
冷酷な話し方で、いままでの「おっけぃ♪」は話方では無く怖いまま…。

1周目からなんらか乃々は何かを隠しているフラグは立っていた。
雛絵ちゃんにも「それは嘘です!」来栖先輩!と、
南沢泉理が死んだところを目撃した。ということについては嘘と言われる。

乃々は泉理と親友だった!ってのは本当だと思うんだけど、
伊藤くんが泉理が好きでいつも一緒に居て。みたいな事を言った時に、
「絶対にそれは無い!」と言い切る乃々。
親友って言ったって本人じゃないんだから、そこまでキッパリ言い切れるものなのかねぇ。。。

と思っていたら、

なんと本人でした(笑)

世梨架が来栖乃々の嘘をバラしちゃう!とか言ってる時、
嘘言わないって言ったじゃん!
やだー、バラさないでー!
なんだよ、信用すれよ!
なやり取りの時、どうせ大した嘘じゃないんだろうな。と思っていたが、
思った以上に大した嘘でしたw

乃々死んでるし。
この人泉理だし。

でもそんな暗くて内気な泉理が
ある日を堺に外見変わったからって
明るく乃々みたいに振る舞えるものかねぇ。

終盤普通に泉理の格好になって、
乃々のテンションでしゃべっているんだけど、
やっぱり違和感あるわ。慣れない。
ってか、個人的に乃々よりも泉理の外見の方が可愛いんだけど。

目がぱっちりヒロインよりも、
少し影のあるような性格の絵のほうが好き。

というか、別に全て打ち明けて宮代も、
「オマエはオマエ!そんなのかんけーねぇ!」
と、受け止めてくれることになったのだから、
乃々の外見のままで良かったと思うんだけどなぁ。

そうやって生きても乃々も泉理の事恨まないでしょ。

最後は乃々のお墓参りでエンディング。






- 有村雛絵 Dark Sky End

1周目からお兄さんが震災で亡くなって。とか、
家族のことは聞かないでください。とか、言っていたけど、
雛絵ちゃんも悲しい幼少期を育って大変だった。ってことがわかるルートでした。

壮絶な家族喧嘩の延長線じゃすまないような、やりとり。

家族に対して本当のことが知りたくて知りたくて
今の嘘を見抜く能力が身についてしまった。雛絵ちゃん。

どんなことであったって宮代だって隠し事は良くない!
雛絵だって真実が知りたい!
と、みんな揃って嘘や虚言=悪 と位置づけられているが、
実はそうでは無いというのが僕の意見。

聞いて落ち込むような真実ならば、
自分のことを思って嘘つき続けることって別に悪く無いと思う。
相手のための思っての事だし。

宮代なんて一回真実を知った時に精神的におかしくなったという前科があるんだから、
乃々がそれ以上の大きな嘘を隠すのは良いことだ。
器大きくなれよ!

と、話は脱線。

雛絵ちゃんルートのラストは、
トラウマになりそうなミイラ化した宮代くん。
を抱える雛絵ちゃん。

どうせ妄想なんだろっ!と思ったら、
これがどうやら現実なのか?
ギャルゲーなノリでやっていたら突き落とされた。





- 香月華編 Deep Sky End

なんだこの怪獣大戦争みたいな流れ。
おれは一体なんのゲームをやっているのだ?と自問自答繰り返す。

香月ルートは会話のほとんどない物静かなルートになるのだろうなぁ。と予想していたが、全くその逆。
超強い力士シールの叫びで現れた力士シールマン!(笑)
ハリウッド映画化希望!

最初は香月の家に何泊も止まってムフフな関係になるのかな。と思ったら、
唯一幸せだったのは乃々の生姜焼きが美味しかったことくらい。

先生に追われて、
屋上で外に迎えって叫んでいた内容が面白かったw
伝聞する力があるから、香月は語尾にいつも「・・・かも」とつけるのだね。

これって香月がおしゃべり妄想キャラだったら、
何よりも強い最強のキャラが出来上がるよ。地球破滅するわ。
物静かでよかった。

こないだ行ったヒカリヲの屋上から、
力士シールマンがやってきて107をぶっ壊す!
ってのを想像しただけで萌えるw

それと、エンスー上で出てきた
ナイトハルトさん。前回の主人公でもある西條拓巳。

チャットでも「うひひ」言ってるし、
ひきこもりながらエンスーばっかりやってるんでしょw

ナイトハルトさんはチャット早いから、
集中して文字を追わなければ
どんどんスクロールしていく強敵でした。

カオスヘッドのキャラが出てくるのは嬉しいね!






- 山添うき編 Dream Sky End (Another Sky End)


うき編は少しややこしくてBADENDは4個あるし、
エンディングも個別ルートでは唯一2タイプ用意されている愛されキャラ。
2回目の妄想でネガティブかポジティブかを選ぶことによってエンディングが変わる。

豹変した伊藤くんとの戦闘シーンから
うき編に入るんだけど、まったくもって平和な日常。
あの新聞部で普段通りの平和な生活をしている宮代。

2年生で一番のアイドルからラブレターもらったり、
良いことづくしの日常。

だけども全ては、うきの妄想の中に閉じ込められていたのだね。
それもこれも、宮代が犯してしまった現実から逃避させるために。
健気なうきちゃんに目頭が熱くなりました。

ほむらちゃんの魔女の結果に閉じ込められてしまった
ほむらちゃん自身みたいな感じで、
電話や上から呼び覚ます現実のみんながいたりして。

カオチャはこういう知らなかった真実を突きつけられることによって、
巨大な罪悪感や自己嫌悪に陥り、償い続ける。というストーリーの運び方が
ものすごく上手い。トゥルーもそうだけど。

Dream Sky End では一命を取り留めたうきちゃんだが、植物人間状態に。
ずっと宮代が面倒を見ることになってて辛い。楽しそうな宮代も辛い。

表情一つ変えることできないうきが
シェフレラの花を見て涙を流しEND。おれもEND。
こりゃ反則だわ。。。せつねーし。

Another は死んじゃう話。
うきちゃんの妄想の中で生きるほうが幸せかもしれぬっ。





- TRUE 尾上世梨架 Slient Sky End

いやあ、最初から最後まで切ない展開…。

このTRUEストーリーは
普通の女の子になった世梨架の視点で展開されるのだが、
普通の人から見てのあの学校はカオスチャイルド症候群の特殊施設になっていたのだなんて。

今までやってきた最初から
これまでの長い時間、ずっと
本人たちには自覚がないが、
老人、老婆の顔での物語だったなんて。
って事でしょ。これ。

新聞部に入った時に世梨架と乃々2ショット写真を発見したのだが、
乃々ちゃんヨボヨボで楽しそうな顔をしているのがまずショック。

これってカオヘで将軍がヨボヨボだったのと同じように、
みんながみんなヨボヨボだったのでしょ。
あの渋谷を歩いている集団のように、こんかい登場してた人物はヨボヨボだったのでしょ。

そして、AH総合病院での宮代が悟りきったようなテンションなのが切ない。

自分自身の分身でもある世梨架に対して、
もぅ記憶を抹消して普通の女性として生きて行かせるためにも、
大事な親友を他人として接しなければなれない辛さ。

横浜に住む普通の女の子になった世梨架の口調も
ホント普通の人で、おっけぃ♪も普通な感じ。
ただ、連続殺人犯の宮代に対しては最初敵意むき出しで接するのだが、
そんなむき出しの敵意も宮代は嬉しく涙を流す。切ない。

今までの科学ADVシリーズだとラスボスに向けて
うおぉぉぉぉ!と覚醒して。って感じが多かったが、
今回は今まで散々戦ってきたってのもあって、むしろ見守る!という選択をするラスボス。

ラスボスのニューワールドオーダー的な陰謀説をもモチーフとした展開がかなり面白かった。
なるほど。ストレス与えまくってどうなるかの実験舞台が渋谷だったのね。
委員会怖いわ。

世梨架のデジャブであるはずの失った記憶を少しずつ取り戻して、
ヒカリヲのシアターで完全に思い出し見上げて涙する。
エンディング。

この静かなエンディングへの流れが切なすぎる。
しかもエンディングの曲がかなり良い!
これは言いたいけど言えない宮代の気持ちの歌詞になっているし、演出も完璧。

エンディング後の後日談として、
宮代が刑務所へ向かう途中に世梨架と出会い、
友達に「知らない人」と答えるシーン。
最高に切なかった。

シュタゲでは記憶を失ったヒロインとの再開で締めくくられているが、
カオチャでは記憶が戻ったヒロインと再開するが他人のフリ。
この対比的なそれぞれのラストシーンが印象的でした。

決してハッピーエンドではないこの終わり方は賛否両論あるかもしれないが、
僕としては完璧!良い意味で裏切られました。
ここで、世梨架の記憶が戻り宮代とまた親友に、いや恋人に。
とかなったらご都合主義の最悪なストーリーだったのだが、
この切なさを残すあたりが素晴らしき結末。
刑務所で宮代頑張ってるのかな。
世梨架は普通の高校生として人生謳歌してるのかな。
と余韻を持たせる終わり方。




思った以上に長かったカオスチャイルド。
1週間ほどでクリアできれば良いなぁ。と思っていたのだが、20日近くかかった。
平日仕事終わって家に帰ってからプレイするのが日課だったので、
終わってからどうして良いのかわからん。。

カオチャロス症候群に陥っている。
それほど心にささる物語でした。

後半ストーリーが曖昧なところあるので、
もぅ一回少しやろうかなぁ。。

このくそったれなゲームをプレイ出来て本当に良かった。

Commented by うへ at 2017-06-28 06:36 x
何この駄文
by akkikkikki | 2015-07-13 19:52 | ゲーム | Comments(1)