iPhoneにBluetoothで転送できるタニタの体組織計を使うとレコーディングダイエットがはかどる。

1年ほど前から
タニタの体組成計 インナースキャンデュアルRD-900
体重や体の情報を記録し続けています。

b0024832_23393789.jpg

●取得できる項目と特徴


- 体重
- BMI
- 体脂肪率
- 筋肉量
- 推定骨量
- 内臓脂肪レベル
- 基礎代謝(アプリ)
- 体内年齢(アプリ)
- 体水分率(アプリ)


それと、この体組成計の一番の特徴は、
Bluetoothに対応していてiPhoneに情報をBluetooth経由で送れること。


その前に持っていたオムロンのカラダスキャンの体組成計は
SDカードに情報が蓄積され、PCにインポートさせて
各項目をグラフ化することができるんだけど、
結局面倒でPCには最初しか移さなかったのよね。。

それに比べて、このタニタのRD-900は
BluetoothでリアルタイムにiPhoneに飛ばすことができるので、
面倒くさがりの僕でも体の情報をレコーディングできるのが便利!!


毎朝シャワーを浴びる前に
この体組織計に乗ることが日課になっています。

注意点としては、iPhone専用のモデルということ。






●新製品
Android 対応のものは2015/7/1に出る新製品、
RD-902 , RD-903 のようでした。

この新製品達は、筋質の項目も追加されたみたい。


公式から抜粋

世界初!筋質がわかる
・筋肉の質(状態)を分析する「筋質点数」の測定機能を搭載。筋肉を筋繊維の状態まで分析し、点数化。筋肉の量だけでなくその質を測定することでからだの状態をより詳細に分析します。



よくわからないけど、
筋肉の質がわかるようです^^







●オススメは


今オススメしたいのは、
あえて新機種では無く、現行機種の
RD-900 と RD-901。

価格を調べてみたんだけど、Amazonでそれぞれこれくらいの値段。


変動するだろうけども、
今見る限り
RD-900 , RD-901 はそれぞれ
9699円、11844円。



100gと50g単位の測れるという違いだけ。多分。

僕はアスリートでもないし、それほど正確性を求めていなかったので
100g単位のRD-900を買いました。
1年前は17000円くらいしたんだけど、、安くなって羨ましいw






それに比べて2015/7/1に発売する新製品の
RD-902とRD-903。



TANITA 体組成計 インナースキャンデュアル ブラック RD-902-BK
タニタ(TANITA) (2015-07-01)
売り上げランキング: 36,128






TANITA 体組成計 インナースキャンデュアル ブラック RD-903-BK
タニタ(TANITA) (2015-07-01)
売り上げランキング: 1,981




今の価格は RD-902 , RD903 それぞれ
21384円と26784円。

これも同じく違いは
50gか100g単位なのかの違い。

それにしても
たっかい!!


発売したら若干値下がりもするかもしれませんが、
それでも全てのメーカーを合わせても
ダントツで高い体組織計だと思います。


筋肉の状態も常に把握しておきたい、
アスリートの方や AndroidでもBluetoothで飛ばして管理したい人は、
新製品のRD-902 , RD-903を選択しても良いと思いますが、
僕も含めてそれ意外の iPhoneユーザーなら、絶対に現行製品のほうがお得だと思いました。

それと、すぐにはまだ大丈夫だとは思うけども、
新製品が発売されたら、RD-900 , RD-901はいつ販売終了になるかもわからないので、無くなる前にはゲットしておいた方が良さそう。









●しばらく使ってみて。

冒頭にも書きましたが、1年ちょっと使ってみて、
やはり、iPhoneでいつでも自分の体の状態を見れるのは便利です。

使い方のイメージとしては
対応しているアプリにBluetooth接続して、
データを転送することになります。



iPhoneは以下のアプリが対象になっています。

- Health Planet

- ランニング応援ゲーム ねんしょう!2+

- イケメン育成ダイエットふとしの部屋

- 365日腹筋アプリSitApp









ですが、ぶっちゃけ

Health Planet

だけでOK!
その他のアプリごめんなさい(汗)


他のアプリは大したアプリでも無いし、
どうやらkakaku.com とかを見ると、
それぞれのアプリに転送するために、
何度も体組織計に乗らないとならない。というような、
BUG?仕様?のようなので。



その他細かいけど便利な事。

前のオムロンのカラダスキャンは、
体組織計に乗る前に、ピピっとボタンを押してから乗る必要があったが、
タニタの今の体組織計は電源OFFの状態から乗っても測ることができる。

毎日使うものなので、この一手間少ないだけでも結構便利。



ただ、現行機種、新機種問わずに
改善してほしいというか、対応して欲しいのも幾つかある。

僕は歩くときは万歩計代わりに(Facebookに買収された)「Moves」を使っており、
ランニングの時はGPSと連動した「Runkeeper」を使っているので、
この2つのアプリにも対応させて欲しい。

厳しかったらiPhoneに最初から入っているヘルスケアでもよいので。

タニタでも連携できる歩数計だしているのは分かるけども
これらの切望するアプリやアップルウォッチにでも対応してくれたら、
この体組織計は更に爆発的に売れると思うんだけどな。







●最近

今年に入ってブクブク太ってきたので、
ここ3週間ほど前から炭水化物少なくして、週に2,3回走ってます。

この体組織計のおかげで
少しずつだけど体重が減ってきていることが目に見えてわかるので、
モチベーションが上がってます(^^ゞ

b0024832_23372764.jpg

毎日、体組織計に乗りながら一喜一憂w
レコーディングダイエットには欠かせないアイテム!!



by akkikkikki | 2015-06-17 23:02 | 電化製品 | Comments(0)