僕の中でのNo1ドラマ「Mother」を5年ぶりに全話観てみた。芦田愛菜ちゃん凄すぎる!

僕の中での歴代No1大好きドラマ。

『Moether』


b0024832_19041425.jpg


すでに、5年前のドラマで
当時も毎週欠かさず泣きながら観ていたのを思い出したのだけど、
少し内容も忘れかけてきていたので、
もう一度土日で全話観てしまいました。

やっぱりすっごいわ。
このドラマ。

話が進むにつれて
人間関係も複雑に入り乱れる。

b0024832_19041831.jpg
が、テーマとしては
タイトル通りの『お母さん』や『母性』。

産みの親なのか育ての親なのか。
血は繋がっていなくても、もっと大事な関係はあるのではないか。

キャッチコピーは
『母性は女性を狂わせる』
なのだけど、まさに色々な母性について考えさせられます。


あと思ったのが
セリフよりも演技で
登場人物の心情を表現している役者さん達の演技レベルの高さ。

そしてやはり
欠かせない存在というか主役の

芦田愛菜ちゃん



えなりかずきや安達祐実からはじまって、
今までにたくさんの天才子役が誕生したと思うけども、
本当の天才はこのMotherの芦田愛菜ちゃんなのだ。


何度観ても泣けるし、
今、考えただけでもうるうるする。。。



そんな中でも
やばい位感動して涙が止まらなかった2つのシーン。





まずはこれ。
一話目の室蘭イタンキ浜のシーンだね(笑)
b0024832_19042110.jpg
綾野剛に化粧されたりいたずらされた挙句
トチ狂った尾野真千子に、ゴミ袋に入れられて冬の外で
ぐったりしている芦田愛菜ちゃんを保護した松雪泰子。

愛菜ちゃんはグッタリしながらもまさかの「赤ちゃんポスト」に行きたい。。
って時点で半泣きに。。
その後松雪泰子からの「あなたを誘拐する ~ あなたは捨てられたんじゃない。あなたが(親を)捨てるの」に対しての、

「れなのお母さん、れなのお母さん」(;_;)

号泣。。






もう一つは10話のラスト。

b0024832_19043164.jpeg

松雪泰子が逮捕されて釈放されてから、
施設にいる怜南からの電話でのシーン。

最初は久しぶりに話すお母さんとの会話なので、
日常の事を色々とご報告しているような他愛のない会話。

「なつみちゃんがお化けがいるっていう」
「冷蔵庫は巨大だ」
「白鳥園っていうところにいてこっそり電話してる」

とかとか。

途中から
泣きそうな声で
「あとね・・・あとね・・・お母さん。いつ迎えに来るの?」
「牢屋、だしてもらったんでしょう?つぐみね、待ってるよ。。。何回も電話したよ。出ないから、間違えて覚えていたのかなって、思ったけど。。あってたね。いつ、迎えに来る?」

この時の演技のうまさ。
セリフにしたら普通の事しか言っていないんだけど、
この日常会話を楽しそうに話しているところからの、寂しい本音が伺える。。

「・・・お母さん・・・もう一回・・・もう一回誘拐して・・・。。」

(;_;)



声上げて泣きそうになりました。ここ。
今、思い出しても涙が出そうになってくるもん。。

愛菜ちゃんはこの時6歳だったかな。
6歳でこの演技ができるなんて普通の子供ではないっ!
これが天才子役の実力なのだ。と。



Motherを再度観るに当たって、
ものすごく引っかかる点もありました。

それは
やしろ優のものまねの印象が残っているから、
あの、奇跡的な芦田愛菜の演技もやしろ優を思い出してしまうこと。。

Mother見なおした時に最初に思ってしまいました。。
んで、少し集中できなかったけど、しばらくしたら気にならなくなった。

けども、
やしろ優のあのモノマネは不快だなぁ。。
芦田愛菜目線になっちゃっているからかもしれないけど(笑)

っということで、
自分の中でのNo1ドラマの
「Mother」でした。



Mother [DVD]
Mother [DVD]
posted with amazlet at 15.06.04
バップ (2010-09-22)
売り上げランキング: 8,101


by akkikkikki | 2015-06-01 18:54 | テレビ | Comments(0)